ホワイトニング
Medical
新しい“ホワイトニング”
ホワイトニング
▶︎ホワイトニングとは!?
簡単に一言で言うと「歯の漂白」のことです。従来歯を白くするには、歯を削り白い被せ物をしなければなりませんでした。しかし、そういった歯を削って被せ物をしなくても、歯を白くする治療方法があります。それを「ブリーチング」と言います。すなわち、このブリーチングで歯を白くすることを「ホワイトニング」と言います。
▶︎では、ホワイトニングとは実際どのようなものなのでしょうか・・・
方法としては大きく分けて3つの種類があります。ひとつは「オフィスホワイトニング」、もうひとつは「ホームホワイトニング」です。前者は歯科クリニックで行い、後者は患者様が自宅にて行うものです。そして3つ目は、上記2つを併用して行う「デュアルホワイトニング」です。一番のお勧めはデュアルホワイトニングです。
オフィスホワイトニング(歯科医院でおこなうホワイトニング)
イメージ
オフィスホワイトニングは、クリニックで行うので短時間で歯を白くすることが出来ます。当院では2つの種類を用意しています。下記の通りです。
★ホワイトクール★
ホワイトニング剤を歯面に塗布し、光を照射して行います。ホワイトニングのために使用する薬剤(ホワイトニング剤)は主に過酸化水素水です。これは消毒薬としても使用されており、副作用にも問題ありません。この過酸化水素水を用いて歯を漂白します。照射時間は10分、10分、10分の3回で合計30分です。その他もろもろ準備等入れると所要合計時間は約60分~70分といったところでしょう。費用は¥9900(税込み)です。ホワイトニング後の食事制限などもありません。ツルツルで光沢感のある仕上がりです。
★レーザーホワイトニング★
レーザーを使って行うレーザーホワイトニングです。これを当クリニックでは「プチホワイトニングまたはレーザーホワイトニング」と呼んでいます。これは価格もリーズナブルで、所要時間も約30~40分と短時間で行うことが出来ます。上下同時に行って費用は¥4378(税込み)です。レーザーを用いて行うので、術後に知覚過敏や痛みはありません。お手ごろ価格で気軽に行えるところがポイントです。また歯質強化にもなります。(院長おすすめ!!!) 実はこのプチホワイトニング、お子様にも安心してご利用いただけます(すなわち乳歯にも行えるんです!!!)。タバコをすわれる方はもとより、コーヒー、紅茶、お茶等よく飲まれる方、黄ばみ、くすみの気になる方、一度ぜひプチホワイトニングを試してください!!!
プチホワイトニングの症例
症例1 症例2
では具体的に少し症例を見てみましょう。まず、症例①は、一見歯が白く見えますが「くすみ」のある症例です。プチホワイトニングにてこのくすみを除去しました。術後はくすみがとれて、逆に歯本来の白さが白濁となって目立っています。1週間もすれば色がなじんで綺麗になります。 次に症例②は、かなり歯に「黄ばみ」のある症例です。同じくプチホワイトニングにてこの黄ばみを除去しました。黄ばみが強かったですが、かなり除去出来ました。くすみも同様ですが、黄ばみがきつい場合は2回以上行うのがお勧めです。また、実際は写真よりももう少し白く見えます。 白さを保つためには、2~3ヶ月に1回程度行うのがベストでしょう。

実はこのプチホワイトニング、レーザーを用いて行うのでお子様にも安心してご利用いただけます(すなわち乳歯にも行えるんです!!!)。タバコをすわれる方はもとより、コーヒー、紅茶、お茶等よく飲まれる方、黄ばみ、くすみの気になる方、一度ぜひプチホワイトニングを試してください!!!
ホームホワイトニング(ご自宅にておこなうホワイトニング)
イメージ
ホームホワイトニングは、最初に歯型を採取し、ホワイトニング剤(シリンジ)を入れるためのトレー(マウスピースのような物)を作成します。そして自宅でそのトレーにホワイトニング剤を入れ、歯に装着します。装着時間は1日約1~2時間で、2週間行います。オフィスホワイトニングに比べて時間はかかりますが、自宅で気軽に行えるといったメリットがあります。結果に多くの方が満足してらっしゃいます。費用は下記の通りです。
☆フルセット(上下トレー+シリンジ4本)・・¥23,500
☆基本セット(上顎トレー+シリンジ2本)・・¥15,000
☆片顎トレー(上か下)・・¥10,000
☆追加トレー・・¥3,500
☆シリンジ1本・・¥2,800
☆シリンジ2本セット・・¥5,200
デュアルホワイトニング(併用しておこなうホワイトニング)
デュアルホワイトニングは、上記2つを併用しておこなうお勧めのホワイトニングです。まず先にオフィスホワイトニングを行い、それからホームホワイトニングを行います。そうすることによって、白くなった歯の色が後戻りするのを防ぎます。
歯茎の黒ずみの除去(メラニン色素除去)
黒ずみの除去
これは、歯茎の黒ずみを除去した症例です。歯茎にはメラニンと呼ばれる色素が沈着し、黒ずみになって目立つことがあります。方法はレーザーを用いて行います。表面麻酔のみで行え、術中少しぴりぴりすることはありますが、痛みはありません。メラニン色素が濃い場合は、2~3回の施術がお勧めです。(所要時間約30分程度)
黒ずみの除去
これは、レーザー照射直後の状態です。ちょっとびっくりしたかもしれませんが、直後はご覧の通り「こげた」状態になります。照射したその日は、熱いものや柑橘系のものがしみることがあるので避けたほうが良いでしょう。3~4日でこの「こげ」は大体落ちます。1週間もすれば元通り綺麗になります。
黒ずみの除去 黒ずみの除去 黒ずみの除去
これは2週間後です。治療前と比べると、歯肉が見違えるように綺麗になりました。しかし、メラニン色素が濃い場合は、1回では除去しきれないので、もう一度レーザー照射した方が良いでしょう。治療費は、片顎、上下顎問わず1回¥14,040(税込み)です。あなたもピンク色の歯肉を手に入れてみませんか?